首イボの種類は意外と多い?どんなものがあるのか分かり易く解説!

首イボにはいろいろな種類がある

首イボにはアクロコルドン、スキンダック、老人性疣贅(脂漏性角化症)、軟性繊維腫、懸垂性繊維腫などいろいろな種類があります。
自分がどの種類の首イボなのか気になると言う方は多いのではないでしょうか。

アクロコルドンは他の首イボと比較するとサイズが小さめです。
大きさは2ミリから3ミリほど、盛り上がりは少なく、色は肌色または褐色と言う特徴があります。
人によって異なりますが、30代以降になると発症しやすくなります。

スキンダックはアクロコルドンよりサイズが大きめで盛り上がりが見られます。
色は肌色、褐色、茶色などいろいろです。
加齢とともに少しずつ数が増えてくることがあります。

老人性疣贅(脂漏性角化症)は皮膚が老化するごとに発症しやすくなります。
大きさは数ミリから2センチ、3センチほどのものが多く、盛り上がりも少し見られます。
屋外での仕事やスポーツなど長い期間で紫外線を浴びてきた方は発症しやすいです。
老人性色素斑から盛り上がってきて老人性疣贅なると言うケースも多いです。

軟性繊維腫は更年期以降の女性で発症が良く見られます。
加齢の他、摩擦によっても発症することがあります。
サイズは2ミリほどと小さめ、色も肌色または褐色のものが多いです。
期間が経過するごとに盛り上がってきて、くびれが出来ることがあります。

懸垂性繊維腫のサイズは1センチほど、色は肌色に近くなっています。
イボが垂れ下がってくると言う特徴があり、アクセサリーに引っ掛かると炎症を起こすことがあります。

良性腫瘍だが見た目が悪くなる

これらの首イボは良性腫瘍のために皮膚がんに発展すると言う心配はありません。
しかし見た目が非常に悪くなってしまいます。
気になる時は早めに皮膚科で診て貰うと良いでしょう。

ウイルス性イボもある

この他にもウイルス性イボと言う種類があります。
ヒト乳頭腫ウイルスが皮膚に付着し、傷口などから侵入すると発症します。

サイズは数ミリから1センチほど、イボが盛り上がってきます。
表面を触るとザラザラするものが多く見られます。

ウイルス性イボにもいくつかの種類があります。
お子さんの指などに発症しやすいのが尋常性疣贅です。
尋常性疣贅はさらに顔に発症しやすい指状疣贅、足底に発症しやすい足底疣贅などに分かれます。

その他にも顔や腕に発症しやすい扁平疣贅、外陰部に発症しやすい尖圭コンジローマなどの種類があります。
ただしウイルス性イボが首に出来るのはレアケースです。